自宅のインテリアを豪華にできる!アンティーク家具に関する基本情報を紹介

当サイトは自宅のインテリアを豪華にできる、アンティーク家具に関する基本情報をご紹介しています。
室内をよりゴージャスにしたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
アンティークの家具の効率的な探し方とはどういった方法なのかも解説しているサイトです。
骨董品の家具選びをする前には目を通してみると良いかも知れません。
さらにアンティークの家具を購入する時に注意すべきことにも触れているのできっと役立ちます。

自宅のインテリアを豪華にできる!アンティーク家具に関する基本情報を紹介

自宅の模様替えをしてより豪華な雰囲気のインテリアにしたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。
そのようなときには、アンティーク家具を取り入れることを検討しても良いかも知れません。
長い年月を経ても魅力を放つアンティーク家具は、古い時代のものならではの風合いが魅力です。
贅沢に木材を使用し、重厚な趣きがあるのも豪華さの演出に役立つポイントといえます。
職人によって施された豪華な装飾も魅力となっている家具です。

インテリアにアンティーク家具を取り入れる魅力を紹介

アンティーク家具をインテリアに取り入れる魅力は見た目です。
見ているだけでとてもリラックスします。
いろいろな角度から見たり、ほかの家具と合わせて景色を見っているような感覚になったりといろいろな楽しみ方があるのです。
照明や音楽と組み合わせることでアンティーク家具の良さを引き出すことも可能です。
次に機能性で、ゆったりとした気持ちになります。
例えば椅子であればリクライニング性や揺れる機能などがあげられます。
その時の素材の肌触りも見逃せません。
中には香りを楽しむこともできるのです。
これらを維持するためには、メンテナンスも必要です。
磨いたりする作業を楽しくしてくれます。
愛着を持つ作業で有意義な時間を感じることができるのです。
アンティークコレクションとしてアイテムを増やしたり、レイアウトを変えることで飽きることなく楽しむことが可能となります。
趣味をしている人たちと情報交換も楽しみとなり、知人も増えるのです。

アンティーク家具を初めて買うなら椅子がおすすめ

アンティーク家具を初めて購入しようという方なら、初めてであればまずは椅子の購入がおすすめです。
なぜテーブルやキャビネットではなく椅子なのかというと、ほかの家具に比べると存在感がそれほど大きくはないため、失敗しにくいからです。
また、チェアであれば座るにはもちろんのこと、ただそこに置くだけで部屋の雰囲気を替えられたり、植物を配置したりと用途が多いのです。
とくに海外製のアンティーク家具であれば、ショップで見かけたときにいいなと思って実際に購入すると、思っていたより大きく部屋のサイズと合わなかった、ということが起きやすいのです。
その点、チェアはサイズ的にも失敗しづらく、これまでにアンティーク家具を購入したことがない方は、まずはチェアから購入してみませんか。
そうして、チェアで部屋づくりの雰囲気を掴んだ後に、ほかのアンティーク家具を購入すると、じょじょに選び方のコツも分かってくるはずです。
ぜひ参考にされてください。

アンティーク家具の椅子にはいろいろな種類がある

アンティーク家具の椅子の種類にも色々と種類はあるのですが、まるで城にでも置くのかといったデザインのものも売られています。
本物のアンティーク家具だと、軽く年金の支払いなどが吹き飛んでしまうのではないかという現実的な側面に直面してしまいそうなものが多いのですが、アンティーク風家具の手軽に、楽しめそうなデザインはかなり人気があります。
チャーチチェアなども、可愛らしいデザインのものが人気です。
海外の教会などで実際に使われていたデザインは、可愛らしくて人気が高い物も多いですが、お値段はやはり良いお値段ですね。
家具の温もりが、家族での団らんを楽しめそうということもあったり、人を呼んでも楽しめそうな物が多いことから、人気が高まっています。
椅子一つにしても、デザイナーズから、普段遣いに惜しくないものまで様々なものが売られていますが、使いやすいデザインを納得行く価格でとなると、通販が便利ですね。
チェアはあまり使わないと言っても、誰かを招いたときなどに必要になる方もいらっしゃるでしょう。

どのぐらい古いとアンティーク家具になるの?

様々な家具がありますが、今レトロモダンというジャンルが注目されていることも有りますし、アンティーク家具は人気が上昇しつつありますので要チェックです。
ここで疑問に思う方もいるかもしれませんが、いったいどれぐらい古い状態になると、アンティーク家具と呼ばれるようになるかです。
ちなみに大体目安としては100年程度と言われています。
その年数を経過すると、アンティークと言われるようになります。
100年というとかなり長い年数になりますし、保管状況がよくないと古くて引き出しなどが開けづらいという状況に陥ることも想定されます。
その場合は、シリコンスプレーなどがあると便利です。
一般的な油の出るスプレーですと、木が吸収してしまって滑りが良くなるというところまでは期待出来ません。
金属であれば滑りをよくすることは出来ますが、木の場合はシリコンスプレーでしたら表面の滑りをよくすることが出来ますので試してみる価値があるでしょう。

アンティーク家具の維持って大変なの?

人によってはアンティーク家具の維持が難しいと考えているかもしれませんがそれほど難しくなく、専門的なスキルは必要ないです。

汚れが目立ってきた時、基本的には乾拭きをすることで綺麗な状態にすることが可能です。

それでも難しい場合は、家具で使用可能なオイルやワックスを使用することで汚れを落とせるため、予め準備することが重要になります。

乾拭きやオイルなどを使用する際、ゴシゴシと行うのではなく、優しく丁寧に実施しなくてはいけないです。

あまりにも乱暴に行ってしまうと大切なアンティーク家具にキズがついてしまい、魅力や価値が下がってしまうので注意ポイントになります。

しつこい汚れでも丁寧に拭いていけば、少しずつ綺麗にできるので慌てないことが大切です。

自分で頑張ったにも関わらず、全然綺麗にできなかったり、深刻な汚れが発生している場合はメンテナンスや手入れなどを実施する業者が存在しているのでそちらに依頼するのも一つの方法です。

新品とアンティーク家具の見分け方は?

新品の家具の中にも、アンティーク品のような独特の味わいがあるものがたくさんあります。

そのため、新品家具とアンティーク家具の見分け方が分からないという方もいるかもしれません。

両者を見分けるポイントは、木材です。

新品の家具はコスト削減のために、合板や突板などが使われることが多いです。

一方でアンティーク家具は、オーク材やウォールナット材などといった無垢材を使ったものが多いという特徴があります。

ただし、アンティーク家具の中にも、合板や突板などを使った製品もあるため、一概には言えません。

作れた年数も両者を見分けるポイントとなります。

新品の家具は、製造年月日が新しいため、数年前につくられているものがほとんどです。

アンティーク家具は、100年以上経過した家具のことを指すため、基本的に古いものしか存在していません。

しかしながら、見た目だけではいつ製造されたものなのかは分かりません。

購入前にそのお店の店員に製造時期について、聴いてみるとよいでしょう。

アンティーク家具の相場はどうやって調べるの?

アンティーク家具の相場価格を調べるのは、困難な面があります。

なぜなら、アンティーク家具は既製品と違って希少価値が非常に高いため、簡単に値段がつけられないからです。

また、状態によっても値段が変動するため、同じデザインの家具であっても、価格が大きく異なる場合があります。

それでも、おおよその価格相場を調べたいときは、インターネットで検索してみることをおすすめします。

参考になるのは、アンティーク家具を販売しているショップです。

どのくらいで売られているのかをチェックすれば、おおよその検討が付くはずです。

フリマサイトやオークションの情報もアンティーク家具の価格を調べる際に参考になります。

どのくらいの値段で取引されているのかを調べてみるとよいでしょう。

お店に足を運んで直接聞いてみたり、鑑定を受けてみるのも手です。

中には無料で家具の査定を行っているショップや業者もあります。

アンティーク品を専門にしている業者を選べば正確な査定額を知ることができます。

アンティーク家具は購入後保証してもらえる?

アンティーク家具は既に生産終了している製品やメーカーが存在していないケースが多く、国内メーカーの製品のように破損時にパーツを交換して修理をするという訳にはいきません。

そのため、多くのアンティーク家具を販売しているお店では、独自の保証制度を設けています。

保証期間内なら購入者に一切過失が無いにも関わらず自然破損が発生した場合には、代替品との交換や返金に応じてもらえるのも安心です。

うっかり傷を付けてしまった、引っ越しなどの運搬時に壊してしまったなど自己都合の損傷の場合には、修理サービスを利用できる場合もあります。

アンティーク家具を取り扱っているお店の中には自社工房を併設しており、ベテランの家具職人に修理を依頼できる場合は、まるで新品のように復元してもらえるのも嬉しいところです。

また、単なる修理ではなく、ついでに色を塗り替えるリメイクを受け付けているサービスもあります。

いずれもアンティーク家具のお店によって規約は異なるため、購入前にしっかり確認して末永く愛用したいところです。

アンティーク家具の購入で避けたいトラブルとは?

アンティーク家具購入時に多いのは、破損に関するトラブルです。

傷のように見える場所が、傷なのか「味」なのかの判断が一番難しいのです。

これはアンティーク家具が基本的に長い年代を経た家具ゆえに発生する現象です。

同じ破損の問題で、家具として使用に耐えるかどうかということもあります。

いくらデザインとして気に入っても、使用できないくらいの不具合があった場合は問題になってしまいます。

開閉ができるのか、スムーズに使用できるのか現物でチェックしたいところです。

次のチェックポイントは「家に入れられるか」ということです。

玄関から搬入するのか、どこかの窓から搬入するのか、それぞれの場合で通用路がきちんと存在するのかもチェックしなければなりません。

玄関を通すことはできても通路でひっかかるというのも避けたいところです。

最後に、購入した業者がアフターメンテナンスをフォローしてくれる業者であるかどうかもチェックすべきです。

アンティーク家具は年月を経たものなので、定期的にメンテナンスが必要な場合があります。

そこまできちんと面倒を見てくれる業者を見つけて、トラブルを回避しましょう。

アンティーク家具に関する情報サイト
アンティーク入門

当サイトは自宅のインテリアを豪華にできる、アンティーク家具に関する基本情報をご紹介しています。室内をよりゴージャスにしたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。アンティークの家具の効率的な探し方とはどういった方法なのかも解説しているサイトです。骨董品の家具選びをする前には目を通してみると良いかも知れません。さらにアンティークの家具を購入する時に注意すべきことにも触れているのできっと役立ちます。

Search